【超特価セール/期間限定】City Theatrical"DMXcat" & Kuwatec"DoctorMX"

【超特価セール/期間限定】
City Theatrical"DMXcat" & Kuwatec"DoctorMX"

販売価格: 88,000円(税込)

希望小売価格: 107,580円

在庫数 6点

商品詳細

【超特価】City Theatrical"DMXcat"Kuwatec"DoctorMX"セット【期間限定】


City Theatrical"DMXcat"Kuwatec"DoctorMX"のセットを、
【期間限定・超特価】
にてご提供します。
"ゴング・インターナショナル オンラインストア"だけの、大サービスです!

通常、オンラインストアでの販売価格は:

DMXcat 〜 52,800円(税込)
DoctorMX 〜 49,302円(税込)
-------------------------
合計 〜 102,102円(税込)

となっております。
それでも充分安いところを今回なんと!

DMXcat + DoctorMX 〜 88,000円!(税込)

約14000円もおトク!
もう、ゴングは夜逃げの準備をはじめてるな、とおもわれてもしょうがない、もってけドロボー超特価です!

cat-drmx-set1-2


ところで、なぜこのふたつをセットにしたのか?
それは、DMXcatDoctorMXとがあれば‥‥こんなことができちゃうから。

→DMXcatアプリのDMXコントローラーをつかってPARの明かりをつくり、それをDoctorMXのコンソールシーン保存。
→DMXcatアプリのフィクスチャコントローラをつかってムービングライトの明かりをつくり、それをDoctorMXの機種別コントローラでシーン保存。

たとえば、ひとりはスマホを持って客席で明かりを作り、調光室へBluetoothでとばす。
調光室のもうひとりが、DoctorMXにシーンとして保存、と。

しかも、

→DcotorMXのシーン/キューをスマホで呼び出し。

ということもできてしまいます!


そのあたりを、社内で実験してみました。

まず、
DoctorMXのコンソールを「入力状態」にすることで、DMXcatアプリのDMXコントローラーで設定した値をDoctorMXのコンソールにリアルタイムで反映させて、シーンを作成する様子。

「DMXcat&DoctorMX_DMXコントローラー機能でDoctorMXにシーンメモリ」


つぎにムービングライト(VL2000 Spot)をDMXcatアプリのフィクスチャコントローラで制御。
それをDoctorMXの機種別コントローラ(もちろん同じVL2000 Spot)にリアルタイムで反映させ、シーンを作成する様子。

「DMXcat&DoctorMX_フィクスチャコントローラー機能で機種別コントローラーにシーンメモリ」


これらのシーンをキューシートで、4つのキューにまとめます。そして各キューがDMXトリガで走るように設定。

「DMXcat&DoctorMX_キューシートにコンソールと機種別コントローラーのシーンを記録」


DMXcatアプリのDMXコントローラーを受けて、DMXch1→キュー1、DMXch2→キュー2、DMXch3→キュー3、DMXch4→キュー4、というふうにワイヤレスで遠隔再生

「DMXcat&DoctorMX_DMXcatでDoctorMXのキューシートを起動」


いかがでしょう。
あたかも、高価なコンソールのワイヤレスエディター的なことが可能になります。


応用編として、

→DMXcat+DcotorMXをValencia/DIAheartとつなげば、スマホのDMXcatアプリから映像/照明/音響シーンをワイヤレスで呼び出し。

ということも可能です。
↓は先日おこなった、その実験の様子。
"Valencia"を無線でコントロール!〜"DMXcat"と"DoctorMXインターフェースボックス"と組み合わせて、スマホからシーケンスの遠隔再生に挑戦!(2021年04月05日)




などなど、夢のようなことができてしまう、最強タッグ超特価で!
期間は、2021年6月末日まで、といたします。

この機会をお見逃しなく!

※為替レートの急変などにより、やむをえず終了することもあります。お早目に!