EtherMX

EtherMX

販売価格: 107,800円(税込)

希望小売価格: 154,000円

在庫数 5点

商品詳細

EtherMXは、2013年におそらく商業ベースでははじめての国産DMXノードとしてスタートしました。
多くの舞台照明家のみなさまのご愛顧を受け、おそらく今日でも、唯一の国産DMXノードとして支持されています。

スタート当初は単なるDMXノードでしたが、ユーザーのみなさまからの熱いご要望を承りながら、さまざまな機能が追加され、発展してまいりました。
以下に、2021年3月現在、EtherMXにできうることを、シンプルに列挙します(これら以外にもたくさんの機能があります)。

e1

《信号変換》

 Art-Net/sACN to DMXx4
 DMXx4 to Art-Net/sACN

《マージ》

 DMX + DMX + DMX to DMX
 DMX + DMX + DMX + DMX to Art-Net
 DMX + DMX + DMX + DMX to sACN
 Art-Net + DMX to DMX
 sACN + DMX to DMX

《スプリット》

 DMXx1 to DMXx3
 DMXx1 to DMXx3 + Art-Net
 DMXx1 to DMXx3 + sACN

《マージしながらスプリット》

 DMXx2 to DMXx2
 DMXx2 to DMXx2 + Art-Net
 DMXx2 to DMXx2 + sACN

《ポート設定》

 ポート内のチャンネルをすべてHTP/LTP
 ポート内のパッチをすべて直結
 DMX信号時間設定
 RDMを使用/不使用
 代替ポートアドレス

e2

《チャンネル設定》 

 チャンネルごとにHTP/LTP設定
 チャンネルととに リミッターを設定
 パッチ

e3

《予備入力》

 DMX/Art-Net/sACNの指定したユニバースのチャンネルで、メインコンソールから予備コンソールへの切り替え

e4

《DMX RDM》

 Art-Net経由で、RDM機器の監視、操作(専用アプリケーション"Rodem"を使用:無償)

redem

《Art-Net機器管理》

 同一ネットワーク内の通信可能な Art-Net機器を表示(専用アプリケーション"Analist"を使用:無償)

analist

《Art-Netのユニバース変換》

 Art-Net信号のユニバースを、他のユニバースに変換(専用アプリケーション"Unvatch"を使用:暫定版公開中)

unvatch

《Art-Netのユニバースおよびチャンネルを変換》

 ユニバースをまたいで、複数のチャンネルを1つのチャンネルに併合(マージ)、もしくは1つのチャンネルを複数のチャンネルに分岐/複製(専用アプリケーション"Ucross"を使用:暫定版公開中)

ucross

《DoctorMXアプリケーションの使用》

 DoctorMXアプリケーションの「ラインを増やす」機能で、EtherMX1台あたり、4ユニバースまで使用可能。


sACN対応EtherMX_マルチユニバース通信状況をDIAheartでモニター


EtherMXの予備入力機能「装置」を使って、メインとバックアップの自動切替



EtherMX商品詳細↓
https://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-ethermx
EtherMXのソフトウェア更新/最新情報はこちらのブログをご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/cat_50046340.html